HOME > フッ素樹脂コーティング(テフロン)の特性

フッ素樹脂の特性

非粘着性(離型性・撥水性)

  • 非粘着(離型性・撥水性)フッ素樹脂コーティングの表面は、水も油もはじきます。フッ素樹脂コーティングには、ほとんどの物質が固着しません。フッ素樹脂が持つ撥水性によって濡れないため、飛躍的に汚れにくくなります。

    また、汚れた場合の洗浄も簡単に出来るため、大幅な洗浄時間の短縮するほか、洗浄に必要な水、溶剤、洗剤などを大幅に減少します。
材料の種類 水の接触角(度) 接着エネルギー(dyn/cm)
PTFE 114 43.1
PFA 105~110 52.7~72.7
FEP 105~115 42.0~52.7
ETFE 77~88 75.2~97.7
シリコン 90~110 47.8~72.7
ポリエチレン 88 75.2
ステンレス鏡面 60 109

すべり性(低摩擦性・潤滑性)

  • すべり性(低摩擦性・潤滑性)摩擦係数が低く、滑りやすいので、スティックスリップが起こりません。高荷重、低速度での使用や、汚染を嫌う箇所にも使用できます。

    フッ素樹脂コーティングは、摩擦係数が低いため、摩擦抵抗がほとんどかかりません。
    (氷の摩擦係数は0.01~0.02)

    スティックスリップとは接触面が、固着と滑りを繰り返す現象です。 。
フッ素樹脂種類 静摩擦係数 動摩擦係数
PTFE 0.08~0.12 0.04~0.08
PFA 0.08~0.12 0.04~0.08
FEP 0.08~0.14 0.05~0.10
ETFE 0.23~0.29 0.21~0.23
ECTFE 0.38~0.42 0.34~0.38

耐蝕性(耐薬品性・耐腐食性)

  • 耐蝕性(耐薬品性・耐腐食性) フッ素樹脂にも種類が多くあり、フッ素の含有が少ない樹脂は溶剤に溶解したり、薬品に侵されます。
    さらにコーティングが薄い場合、ピンホールがあるため、そこから薬液が基材に進入し、コーティングが浮いたり、剥離したりします。

     耐薬品性の場合は、膜厚を厚くしピンホールレスにする必要があります。弊社では、何度もフッ素樹脂を塗り重ね、0.3㎜以上のフッ素樹脂コーティングをフッ素樹脂ライニングと呼んでいます。
    中には浸透性の強い薬品も多数有りますので、材料の選定と打ち合わせが必要となります
フッ素樹脂の種類 PFA FEP ETFE ECTFE
硫酸20% A A A A
硫酸60% A A A A
硫酸98% A A B B
硝酸20% A A A A
硝酸70% A A B B
酢酸50% A A A A
酢酸ナトリウム A A A A
過酸化水素水30% A A A A
過酸化水素水90% A A A A
次亜塩素酸ナトリウム15% A A A A
王水 A A B B
塩素(ガス) A A A A
塩酸35% A A A A
リン酸85% A A A A
メチルイソブチルケトン A A A A
フッ化水素酸48% A A A A
クロム酸50% A A A A
オゾン A A A A
アンモニア 25% A A A A

温度50℃ A:30日間でダメージなし B:30日間で僅かにダメージ有

ご注意)フッ素樹脂ライニングは薬液に対して優れた耐薬品性を示しますが、有機材料ですので少しづつライニング(コーティング)膜の表面から薬液が浸透していきます。浸透を遅くする方法としてフッ素樹脂ライニングの膜厚を増やしたり、耐浸透性に優れたフッ素樹脂ライニングを使用する事により、浸透を遅める事が可能です。寿命は必ずきますのでご理解の程宜しくお願いします。

耐摩耗性

  • 耐摩耗性 フッ素変性塗料系はフッ素樹脂の持つ滑り性と有機バインダー樹脂による向上した塗膜を兼ね備えることにより、荷重の高い摩擦に対して優れた耐摩耗性を示します。また、下地にセラミック溶射を入れることにより、深い凹凸の中までコーティングが可能です。セラミック溶射は耐摩耗性に優れていますので摩耗しにくくなります。

     その他にも耐摩耗性に優れるコーティングがあります。それは弊社のフッ素共折メッキです。すべり性に優れている事と、硬度が、焼入れ無しで300HV、焼入れをすれば500HVまで硬度が上がります。しかもフッ素樹脂コーティングでは傷付いて剥れてしまったような製品でも、剥れることは有りません。金属であれば材質に関係なく処理できますのでお気軽にご相談下さい。
DK-coat種類 DK-430Z DK-130 DK-830 DK-013 DK-025 DK-coat TFM DKC-838 DKC-303
膜厚 0.01~0.08㎜ 0.01~0.08㎜ 0.01~0.08㎜ 0.05~0.8㎜ 0.05~1.5㎜ 0.005~0.015㎜ 0.08~0.15㎜ 0.1~2㎜
硬度 3H 2H 2H H H 300HV~500HV 3H~ 2H
動摩擦係数 0.06 0.04 0.06 0.08 0.34 0.04 0.04 0.34
(1kg)
材質 PTFE PTFE PTFE PFA ECTFE PTFE系 溶射+複合 溶射+ECTFE
黒、緑、茶 薄茶 紺、黒 黒、茶、メタリック系 紺、黒
特徴 低温処理+硬度 非粘着+低摩擦 非粘着+低摩擦 非粘着+低摩擦+厚膜 厚膜での摩耗防止 低摩擦+硬度+精度 非粘着+低摩擦+耐摩耗 厚膜での摩耗防止

DK-coatの性能を100%引き出すためには、使用方法、基材設計などを、打ち合わせする必要があります。その上でDK-coatを選定します。

DK-coatグレード表はこちら

注)上記の色での性能となります。コートNo,が同じでも上記の色以外は、性能が異なりますのでご注意下さい。

帯電防止

  •  通常のフッ素樹脂コーティングは、優れた絶縁性を有するため、
    静電気の発生が起こりやすいコーティングです。
    そのような静電気問題を解決する、帯電防止コーティングがあります。

     帯電防止コーティングは、導電材料を添加して、体積抵抗値を、104~107
    にまで低くしたのが帯電防止コーティングとなります。


    静電気の種類と帯電防止コーティング製品

    摩擦帯電・・・絶縁物どうし、または絶縁物と導体の物質同士をすり合わせたとき
    ホッパー、シュート、ガイド、レール

    接触帯電・・・2つの物質が接触したとき
    ウエハー受け、吸着板

    剥離帯電・・・接触したものを剥がしたとき
    フラットパネル、静電塗装ガラス板

    流動帯電・・・絶縁性液体や高抵抗粉体のパイプ中の流動
    サイクロン、粉体ホッパー、粉体シュート
フッ素樹脂の種類 DK-430D DK-130D DK-730D DK-560 DK-372
非粘着性 ◎◎
低摩擦性
耐摩耗性
帯電防止
耐熱温度 180℃ 220℃ 260℃ 200℃ 260℃
膜厚 30μ 30μ 40μ 100μ 100μ
材質 PTFE PTFE PTFE FEP PFA

絶縁性

  • 絶縁性表面抵抗においても非粘着性、耐食性等で水分の吸収や汚染が無く、高絶縁抵抗を保ちます。アーク放電等による損傷の度合も小さいので高い絶縁性を保ちます。
    各種センサー、メッキ冶具、メッキカゴなどのような、薬品での腐食を防止しながら高絶縁皮膜を同時に得る事が可能です。

飛散防止

  • 飛散防止飛散防止フッ素樹脂コーティングは、薬品を使用するフラスコや試験管、200℃前後の高温照明に使用されることが多いコーティングです。
    薬液の飛び散り、破片の飛び散りを防止することで、安全に使用することが可能です。



  • 飛散防止フッ素樹脂コーティングを
  • 片面に施工したガラス

    コートNo,DK-108CL 40μ


DK-coatグレード表

お問い合わせはこちら


メールでお問い合わせ
TEL 072-235-6678
FAX 072-235-6679